DSA関連書籍

年鑑日本の空間デザイン2017

日本が誇る空間デザイン3団体(JCD・DSA・SDA)による、2016年デザインアワードで選ばれた作品を
一挙掲載。

『年鑑日本の空間デザイン』は、過去1年間の優れた空間デザインを総覧できる書籍として1973年に創刊され、今年で44冊目となります。日本が誇る空間デザイン3団体、日本商環境デザイン協会(JCD)、日本空間デザイン協会(DSA、2012年2月1日より名称をDDAより変更)、日本サインデザイン協会(SDA)による各コンペティションで厳正に選ばれた作品を図版とテキストで紹介。エキシビジョン、商空間、ウインドウ、サインなど、さまざまな分野の空間デザインに触れることで、今求められているデザインを敏感に感じとれる年鑑です。2017年版ではこれまで以上に、上位賞受賞作品の紹介頁を内容、ページ数ともに充実させたほか、識者による論評、大胆な誌面レイアウト、書籍の軽量化などを実現させ、昨年までの年鑑とはひと味違うものになりました。

発行:六耀社

年鑑日本の空間デザイン2017

■DSA空間デザイン賞2016 大賞/日本経済新聞社賞 「ふじのくに地球環境史ミュージアム」

DSA空間デザイン賞2016

■JCDデザインアワード2016 大賞 「BOOK AND BED TOKYO」

JCDデザインアワード2016

■SDAアワード2016 大賞/経済産業大臣賞 「MIZKAN MUSEUM」

SDAアワード2016

年鑑日本の空間デザイン2016

空間デザイン4団体の2015年度の受賞作品600点をすべて集成

最新の建築空間、店舗ディスプレイ、ショーウインドウから、都市空間、 情報サインなど、私たちの暮らしのあらゆるシーンには、文化環境・商環境を問わずデザインされた空間が数多くあります。 本年鑑は、4つの空間デザイン団体、日本空間デザイン協会(DSA)、 日本ディスプレイ業団体連合(NDF)、日本商環境デザイン協会(JCD)、 日本サインデザイン協会(SDA)のコンペで選ばれた作品600余点を一挙に集成しました。 時代とともに変化・成長していく空間の、優れた最新のデザインを、美しいビジュアルな紙面で紹介する年鑑です。

発行:六耀社

年鑑日本の空間デザイン2016

空間創造発想帖

ディスプレイデザイナーのアタマとシゴト =空間づくりのプロフェッショナルが「空間のつくりかた」の明かす手の内=

ホテルや商業施設、展覧会、ウインドウ、展示会、ミュージアムなど、
ディスプレイデザインの仕事のすべてがここに入っています。

発想のきっかけやデザインのプロセスは? 
仕事に対してどのような手法でアプローチしているのか?
どんな工夫を施しているのか?
現在活躍中のディスプレイデザイナーの仕事を、
あらゆる角度から光をあててわかりやすく紹介。

https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4448/

銀座のショーウインドウ

新たな街へと変貌していく130年間の銀座を、ショーウィンドウを通して見ていく、
粋でハイセンスな銀座を多面的にとらえた一冊。
地元商店、ディスプレイデザイナー、デザイン関係者、方々などにお薦めの書籍です。

●第一章 ショーウィンドウの街銀座の誕生
●第二章 ショーウィンドウと銀ブラ
●第三章 ショーウィンドウとその時代
●第四章 銀座とショーウィンドウの可能性

https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4162/

DESIGN ふたつの時代[60s vs 00s]ジャパン デザイン ミュージアム構想

経済産業省所管の8つの社団法人が集まった活動体「日本デザイン団体協議会(D-8)」は、日本における総合的なデザイン・ミュージアムの設立を目ざして、その実現のための方向性を導く展覧会「DESIGN ふたつの時代[60s vs 00s]ジャパン デザイン ミュージアム構想」と、その関連事業を開催いたしました。
この度、その展覧会の展示作品をはじめ、60年代と現代のふたつの時代から精選した8領域の作品群により、デザインの歴史と未来に必須な考察を提示する書籍を刊行いたします。かつてない視点で編んだデザイン書を、ぜひご覧ください。

http://www.jagda.or.jp/d-8/


詳しくは空間デザイン協会事務局へお問合せください。