D-8(ディーエイト)について(日本デザイン団体評議会)

D-8とは?

日本デザイン団体協議会(略称D-8)は経産省所管の社団法人であるデザイン8団体が各種情報交換の場として、1966年事務局間の連絡会議の形で発足しました。現在、運営会議として代表者による年2回の定例会議を開いています。運営会議のほかに、8団体それぞれのデザイン事情を踏まえて、互いを尊重し理解を深めながら、デザインとデザインに関係するさまざまな事柄に向かい合うことが社会の貢献に繋がるとの思いでワーキンググループを立ち上げ活動をしています。
D-8組織図

日本デザイン評議会の詳細はD-8のホームページをご覧ください。

D-8の活動 1 デザイン保護

1993年最初のワーキンググループが、知的財産としてのデザインの地位確立を目指す「デザイン保護研究会」として活動を開始しました。デザインの創作性の保全を目的とした「創作証制度」に取り組み、2012年には創作証制度の本実施に向けて各団体によるテスト運用を開始しました。
D-8ロゴ DSAではこの活動に連動し、デザイン保護に関する研究活動をDSA分科会である調査研究委員会で推進しており、知財勉強会を定期的に開催しています。

D-8の活動 2 ジャパンデザインミュージアム構想

第二のワーキンググループとして「ジャパンデザインミュ―ジアム構想設立準備委員会・略称JMD」が発足し2010年9月にはミキモトにおいてジャパンミュージアム構想第一回展「デザイン二つの時代展」を開催しました。2012年に名称を「ジャパンデザインミュ―ジアム(JDM)設立研究委員会」と改め活動を継続中です。
JDM